2011年10月12日

乳管洞

乳房は大まかに分けると、脂肪と乳腺、この2つで成り立っています。そのうちの一つ、乳腺は、乳汁を作る小葉と乳汁を運ぶ役目の乳菅から出来ています。小葉で作られた乳汁は乳菅を通って乳頭から分泌されます。乳管洞は、乳房にある乳汁を一時的に溜めておく場所なのです。

プロゲステロン(黄体ホルモン)の働きが活発の時には、この乳管洞と、乳腺葉が発達して大きくなっているのでバストが大きくなります。

規則正しい生活を送ったりすることでホルモンのバランスを整え、プロゲステロンの働きを活発にする方法や、サプリメントなどでプロゲステロンの働きを活発にすることで、乳管洞を発達させると、バストアップができると言われています。

posted by NANA丸 at 16:12| Comment(4) | バストアップの基礎情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

バストの種類(形)

バストの形の種類には、

@皿形(トップとアンダーの差が小さい形で、ペチャパイとも言われています)

A半球形(膨らみが全体的に均等でお椀形とも言われています)

B釣鐘形(トップとアンダーの差が大きい形で、ハリがなくなると、下垂します)

C下垂形(釣鐘形の下側の一部が胸に触れた状態)

D下垂形2(下垂形が更に下垂した形で、極端に低くなっている状態)円錐形(とがった円錐の形をしていて膨らみがあり、とても均整のとれた理想の形です)

などがあります。

posted by NANA丸 at 12:00| Comment(0) | バストアップの基礎情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

皮下脂肪

皮下脂肪とは、皮膚の内側についている脂肪の事で、体温を保ったり、エネルギーを貯めたりする役割をしています。

乳房は、胸の上にある皮下脂肪と乳腺で構成されています。

バストアップをするためには脂肪をつければ簡単なのですが、そうするともちろん胸のほかにも脂肪はついてしまいます。

バストアップの方法の1つとして、太ももやお腹の脂肪を吸引して、その吸引した自分の脂肪をバストに注入する豊胸術もあります。


posted by NANA丸 at 10:00| Comment(0) | バストアップの基礎情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。